口内をキレイに

口が臭いというのは近くで会話をしている人に不快感を与えてしまいます。電車やバスで満員となった時も周りに影響を及ぼしてしまいます。なので、口臭も常に意識して息をフレッシュな状態にするとで周りからの冷たい目線をシャットすることができます。まずは、口臭の原因を知ることが大切です。口臭の原因の八割は口の中にあると言われています。口内に繁殖している菌が増えることが原因です。この匂いの元となる菌が、口の中の食物を分解する際に発揮性の硫黄化合物を生成してしまうのです。この物質が原因でにおいが発生するので、この原因となるものを発生させないように日頃から予防をすることが大切になります。

菌が発生する原因として唾液があまりでていないということがあります。唾液不足すると菌が発生しやすくなっています。また、虫歯や歯周病の原因にもなるので予防して健康な口内を目指しましょう。口が潤っている状態を維持するように心がけることが大事になります。口を常に潤わせるためには、ガムを食べるのも効果的です。噛むと唾液が出ますし、キシリトールなどの成分が含まれているだけでなくガム本来の匂いもあるので口臭予防にはかなり効果的です。水分を十分にとることも必要になります。適度に水分をとることで口の中が潤いますが、摂り過ぎてしまうと唾液が分泌にブレーキをかけることもあるので適度な量にしましょう。正しい食生活にすることも大事です。特に噛む回数の多い食べ物を食べて咀嚼回数を増やすと唾液腺が刺激されて活性化します。結果として唾液が増えるので効果があります。その他の要因もなくしましょう。虫歯や歯周病を直すことも重要です。口臭の元なのでしっかりと治療しましょう。また、歯だけでなく舌もきれいにしましょう。歯垢が溜まると菌が発生しやすくなるのでどちらもキレイに磨くことが大事です。口内を健康に保って口臭をきっちり予防しましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加