様々な効能がある

エゾウコギの歴史について

エゾウコギは中国で古くから知られているもので、約2千年の歴史があると言われています。このエゾウコギというのは万能薬で知られている高麗人参と同じウコギ科の植物になっており、不老長寿の薬として愛用されてきました。日本でも自生しているのですが、北海道の東部でしか見る事が出来ません。エゾウコギは酷寒の地にしか自生することができず、入手困難だとされています。そのことからも、大変貴重な薬用植物として扱われてきました。しかし実際に注目され始めたのはごく最近で、1970年代以降になると中国において様々な研究開発が行われるようになりました。エゾウコギの根や茎の部分にある配糖体と呼ばれる成分が、生命の活力維持などに役立つものだと証明され、様々な薬効が発見されることになりました。

今後どのように使用されていくのか

エゾウコギには数多くの効能があるとされており、その効果は生活習慣病の予防や炎症を抑える効果、また老化防止や運動機能の回復など数多く挙げられています。数ある効能の中で最も注目されているのは、身体に悪い影響を与えると言われているストレスから守る働きをするというものです。実際に宇宙飛行士やオリンピックのメダリストたちが飲用していたことがあり、世界中から注目を集めるようになったという経緯もあります。エゾウコギのもつ強い抗ストレス作用に加え、免疫力の回復やインフルエンザ予防など新たな効果も次々と確認されています。様々な作用が発見され続けているこのエゾウコギは、今後の研究に最も期待されている植物になっています。

このエントリーをはてなブックマークに追加